kancolle_200731_001839_01
今回のイベントに使用した艦をまとめておきます。






  前の記事1: 【艦これ】6月25日 イベント前の戦力確認
  前の記事2: 【艦これ】2020年夏イベント 前段作戦の投入戦力/後段予想




 2020年夏イベント: 今回のイベント投入戦力

kancolle_200731_001851_01

お札
単一戦力複数保有
E-1: 千島方面部隊
軽母:
重巡:
雷巡: 木曾
軽巡: 球磨、鬼怒、阿賀野
駆逐: 曙、潮、黒潮、浦風、睦月、如月、Samuel
海防: 占守、国後

E-2: 沖縄方面部隊
戦艦: Bismark、Richelieu
空母: 天城、Ark Royal
軽母:
重巡:
軽巡: 名取、川内、那珂、矢矧、Garibaldi
駆逐: 子日、海風、大潮、時津風、天津風、岸波、早霜、
涼月、Z1、Libeccio
潜水: 伊400、伊401、呂500
E-3: 第二遊撃部隊
戦艦:
空母: 雲龍、葛城、Aquila
軽母:
重巡:
軽巡: 五十鈴
駆逐: Z3、Grecale、Janus
海防: 択捉、松輪、佐渡
戦艦: 日向改
E-4: 小笠原方面部隊
戦艦: 山城、Warspite、Gangut
空母: 加賀、大鳳
軽母: 飛鷹、神鷹
重巡: 那智、足柄、三隈、Pola
軽巡:
駆逐: 皐月、文月、朧、漣、霞、不知火、野分、秋月、初月
空母: Saratoga
軽母: 瑞鳳
軽巡: 阿武隈
潜水: 伊168、伊8、伊19、
伊26、伊58、U-511
補給: 神威

お札
単一戦力複数保有
E-5: 南東方面部隊軽母: 鳳翔、大鷹
重巡: 加古、Houston
軽巡: 神通、大淀、De Ruyter、Perth
駆逐: 敷波、峯雲、吹雪、沖波、三日月、風雲
水母: 千歳
駆逐: 雪風
E-6: 第二艦隊
戦艦: 比叡、霧島、Nelson
空母: 飛龍、蒼龍
軽母: 龍嬢
水母: Commandant Teste
重巡: 衣笠、高雄、愛宕、最上、Zara
軽巡: 長良、多摩
駆逐: 暁、雷、電、時雨、村雨、夕立、荒潮、綾波、Fletcher
重巡: Prinz Eugen
E-7: 前進部隊空母: Graf Zeppelin
軽母: Gambier Bay
海防: 御蔵、日振、大東
特殊: あきつ丸
E-7: 機動部隊前衛戦艦: 扶桑、Italia、Roma
空母:
軽母: 祥鳳
重巡: 古鷹、青葉、羽黒、鳥海、
軽巡: Abruzzi
駆逐: 響、朝潮、満潮、磯風、浜風、朝霜、Johnston
戦艦: 日向
水母: 千代田、日進
重巡: 利根
雷巡: 大井
軽巡: 由良
E-7: 機動部隊
戦艦: 金剛、榛名、伊勢、長門、陸奥、SouthDakota、Iowa
空母: 翔鶴、瑞鶴
軽母: 隼鷹
重巡: 摩耶、筑摩、
軽巡: 夕張、Atlanta
駆逐: 江風、朝雲、山雲、陽炎、谷風、夕雲、巻雲、長波
戦艦: 伊勢
空母: 赤城
軽母: 瑞鳳、熊野
重巡: 鈴谷、熊野
雷巡: 北上
駆逐: 雪風、照月、Tashkent
青: 最終編成
今回のイベント投入一覧。
改めて見返してみると後段作戦だけでもかなりの艦を投入しています。
特にE-7海域での消耗数は凄まじいの一言。前段作戦で極力温存しておいて正解でしたね。


さて、ここからは後段作戦の反省会。
まずE-5海域では満を持して『雪風』を投入しましたが…完全に失策でしたね。温存すべき一手でした。

bn_200626_on
今回のイベントバナーには『雪風』が居たので、『神通』と合わせてここだと踏んだ訳ですが。
残念ながら今回の『雪風』はE-7海域での必須級戦力でした。
「例え大特効持ちでも弱特効での有効局面が来るかもしれない」。今回の教訓です。

また、E-7海域での史実艦『風雲』を安易に出してしまった点も痛かったです。
まさか「史実と無関係の最高倍率」が付与されることになるとは…。
全く予想出来ない事態とはいえ迂闊に出すべきではありませんでした。史実艦は極力全員残すべきでしたね。

それとここで『敷波』を出してしまった事もその後の展開に地味に響いた気がします。
『敷波』はE-6海域での大特効艦.。
E-6海域には多数の大特効艦が居るとはいえ、最終的には『夕立』まで出してしまいましたので。
彼女がE-7海域に居たのならもう少し編成の自由度も上がったのかなー?と。些細な点ですけどね。


E-6海域に関してはほぼ理想的な戦力運用を行えたはず。
『Nelson』投入は正解でしたし、『霧島』『比叡』投入もE-7海域には全く影響しませんでした。

……ただ、『長良』の投入はちょっと勿体なかったかも?
E-7海域では敵第2艦隊に苦戦したので、特効連撃を出せる軽巡は割と貴重な戦力だったかもしれません。
『夕張』はカットイン艦とは言っても主力ではありませんからね。ちょっと試してみたかった気がします。


E-7海域でも残りの戦力を上手く三分配できたと思います。
「前進部隊」にはまず間違いなく残るであろう艦を。『瑞穂』もここで使えばだったかも。
「機動部隊前衛」には特効対象にならない戦艦、重巡勢を上手く注ぎ込めました。
『日向改二』もここで大丈夫でしたね。『伊勢改二』さえ残っていれば最後は何とかなります。

そして「機動部隊」には最後まで残った特効対象を全力投入……できれば良かったんですけどね。
ルート条件に「駆逐艦の数」が指定されていたのはかなり痛かったです。
どうしても特効駆逐艦の数が必要になるので、やはり「特効艦は可能な限り温存すべきだ」と痛感しましたね。



 2020年夏イベント: 今回の余剰戦力

kancolle_200731_005840_01

単一戦力複数保有
戦艦: 大和、武蔵、Colorado
空母: Intrepid、Hornet
軽母:
水母: 瑞穂
重巡: 妙高
雷巡:
軽巡: 天龍、龍田、酒匂、香取、鹿島、Helena
駆逐: [神風型]、弥生、卯月、水無月、長月、菊月、望月、白雪、
初雪、深雪、叢雲、薄雲、磯波、浦波、初春、初霜、
有明、白露、春雨、五月雨、山風、霰、親潮、初風、嵐、
萩風、舞風、秋雲、高波、藤波、早波、浜波、秋霜、
清霜、島風、松、Maestrale
海防: 八丈、石垣、対馬、平戸、深江、屋代
潜水: 伊13、伊14、まるゆ
特殊: 迅鯨、大鯨、速吸、明石、神州丸
戦艦: 伊勢改
空母: 赤城、Saratoga
軽母: 千歳、千代田、鈴谷、龍鳳
水母: 神威、秋津洲
重巡: 熊野、利根、Prinz Eugen
雷巡: 北上、大井
軽巡: 由良、阿武隈、Gotland
駆逐: 照月、Jervis、Tashkent
潜水: 伊400、伊401、伊168、伊8、伊19、伊26、伊47、
伊58、伊504、U-511、呂500
特殊: あきつ丸

今回の余剰戦力一覧。
『大和』はE-2海域、『Colorado』はE-6海域に出せる気配があったのですが結局温存。
『武蔵』はいざとなったら高速戦艦になれるのでやむなし。今回は高速制限が多かったですし仕方ないのです。

今回は駆逐艦の運用に大分悩みましたが、最終的には『叢雲』『初春』『初霜』『白露』『霰』『島風』
『Maestrale』『Jervis』を出しそびれた気がします。
この面子だと『白露』以外は特効艦ではありませんし、もっと意識して積極的に使ってあげるべきでしたね。